哲学プラクティス連絡会 / PhilosophicalPractice

哲学プラクティス連絡会 / PhilosophicalPractice

ニュース

2020年11月19日

2020年緊急特集号&第3号受注販売申込みのご案内

2020年緊急特集号&第3号受注販売申込みのご案内を開始しました。

詳細については「機関誌」ページをご覧ください。

2020年09月06日

第6回大会終了とアンケートご協力のお願い

9月5日(土)にオンラインで開催された哲学プラクティス連絡会 第6回大会は、137人の方にご参加いただき、無事終了いたしました。発表・ご参加くださったみなさま、応援いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

来年度の開催に向け、アンケートを実施していますのでご協力いただければ幸いです。

詳しくは「大会情報」のページをご覧ください。

2020年09月05日

『みんなで考えよう』第3号刊行、緊急特集号公開のお知らせ

公式機関誌『みんなで考えよう』第3号の刊行と、コロナ禍における哲学プラクティスの声を残す場である緊急特集号(6月号〜9月号)を公開しました。

詳細は「機関誌」ページをご覧ください。

2020年08月13日

第6回大会 予稿集を公開しました。

2020年9月5日(土)に開催される第6回大会の予稿集を公開しました。

詳細については「大会情報」のページをご覧下さい。

2020年08月08日

第6回大会 プログラム公開/一般参加受付開始

 

2020年9月5日(土)に開催される第6回大会のプログラムを公開し、一般参加受付を開始しました。

詳細については「大会情報」のページをご覧下さい。

2020年07月05日

第6回哲学プラクティス連絡会開催決定/発表募集開始

 

2020年9月5日(土)に第6回哲学プラクティス連絡会を開催致します。

今回は新型コロナウィルス感染拡大を防止するためにオンラインでの開催になります。詳細については「大会情報」のページをご覧下さい。

2020年06月10日

【重要】第6回大会の実施について

2020年9月5日(土)に大阪大学 豊中キャンパスにて開催を予定していた哲学プラクティス連絡会第6回大会ですが、昨今の状況を踏まえ、【全てオンライン】にて開催することに決定いたしました。

プレゼンテーションやワークショップの公募は従来の大会と同様に実施する予定であり、7月上旬頃から申し込みを開始する予定です。詳細については今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

2020年05月09日

緊急特集号原稿募集のお知らせ

公式機関誌『みんなで考えよう』が、現状を鑑み、緊急特集号の原稿を募集することが決定いたしました。詳細については以下のページをご覧ください。

 

こちら

2020年02月12日

哲学プラクティス連絡会 第6回大会に関して

※第6回大会はオンラインでの開催へ変更になりました。(20/6/10追記)

哲学プラクティス連絡会 第6回大会の開催が、2020年9月5日(土)(会場:大阪大学 豊中キャンパス)に決定いたしました。

東京以外での開催は今回が初となります。

 

今回6回目となる大会は、哲学プラクティスに関心を持つすべての人が(こどもたちも含めて)集まり、相互に交流と親交を深めようとする場です。

 

今年も大会事務局企画のプログラム実施に加え、ブース/プレゼンテーション/ワークショップの3形式で、ひろく企画や発表を募集いたします。

 

詳細は決まり次第、本ウェブサイトにてご案内させていただきます。

 

また、今回大会の準備・運営にご協力いただける方を広く募集いたします。
ご関心ある方は下記のメールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。

 

■連絡先
哲学プラクティス連絡会
事務局:山本 和則
Email: philosophical.practice.japan@gmail.com

 

どうぞよろしくお願いします。

2019年09月09日

機関誌第二号受注販売、第三号投稿申込み開始のお知らせ

機関誌『みんなで考えよう』の第二号の受注販売と、第三号投稿申込みが開始されました。

どちらも、希望される方はgoogle formより記入をお願い致します。

詳しくは「機関誌」のページをご覧下さい。